口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係聞き上手の聞き方>質問の仕方の実践例D

質問の仕方の実践例Dだれと・どこで・なにを

あなた 「週末は、何をされているのですか」
Aさん 「犬の散歩ぐらいで、あとはごろごろしてますね」

 興味関心を聞き出したら
 それを、膨らます質問をしていきましょう。

あなた 「へ〜。犬を飼っているのですか」(イエステイキング)
Aさん 「はい。ただの雑種なのですけどね」(イエステイキング)
あなた 「名前はなんというのですか」(イエステイキング)
Aさん 「タロウです」(イエステイキング)
あなた 「タロウ・・・、では、雄ですね」(イエステイキング)
Aさん 「はい。もうかなり歳なんですけどね」(イエステイキング)

あなた 「犬の散歩は、Aさんがいつもしているのですか」
Aさん 「そうですね。休みの日はね。普段は娘か家内がしてくれてますよ」

 これは、ちょっと弱いが、「だれと」の質問になります。

あなた 「犬の好きな人は、散歩させているときが楽しいといいますもんね。
       どこらへんを散歩させるのですか。やはり、家の近くですか」
Aさん 「ええ。まあね。でもだいたい2キロくらいは歩くよ。」
あなた 「ホントに!(オーバーな相槌) それはすごい。犬の散歩も健康には良さそうですね(笑)」

 これが「どこで」の質問。

あなた 「犬の散歩をしていると、どんなことが楽しいのですか」
Aさん 「う〜ん。そうだねえ〜。あんまり楽しいことないかな(笑)。
      でも知らない犬好きの人と知り合いになることがあるよね。」
あなた 「ほ〜。それはすごい!(オーバーな相槌) もしかして美人ですか(笑)」
Aさん 「いや〜。そういえば、この前、すごく素敵な女性と、話ができたな〜(笑)」
あなた 「え〜!いいな〜。(オーバーな相槌) うらやましい・・・。それで、どうしたんですか」

 これが「なにを」の質問になります。

 犬の散歩という例があまりいい例ではなかったですね(笑)。

 たとえば、Aさんが、旅行にいったという話題なら、
 「だれといったんですか」
 「どこへ行ったのですか」
 「なにをしてきたんですか」
 と質問していけばいいわけです。

 「だれと・どこで・なにを」だけを質問するつもりで、話をしていくと、意外といい感じになります。

人間関係を学ぶ上で参考になった資料    1.聞き上手は好かれる
   2.聞くことの利点
   3.うなずき方
   4.相槌(あいづち)の打ち方
   5.アイコンタクト
   6.質問の仕方
   7.話題を振る
   8.質問の仕方の実践例@あいさつ
   9.質問の仕方の実践例A名前+あいさつ
   10.質問の仕方の実践例Bイエステイキング
   11.質問の仕方の実践例Cところで
   12.質問の仕方の実践例Dだれと・どこで・なにを
次→13.質問の仕方の実践例Eそれから
 人間関係を良くするマニュアル
 口下手改善
 いじめ対策マニュアル
 あがり症克服
 モチベーションアップ
人間関係テクニック
 人間関係を築く基本
 聞き上手の聞き方
 服装・外見
 
 しぐさ
 マーフィーの法則
人間関係の心理学
 人間関係の心理学
心の持ち方
 内向的が上手くいく

リンク集 管理人

直江宝太郎のサイト
催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!
ジョセフ・マーフィーかく語りき
ジョセフ・マーフィーの法則の本
自己暗示って?
直江の恋愛心理学講座

澤田さんのサイト
ゲルマニュウム/ゲルマニウムってどうよ!  こむら返り原因と予防  ゲルマニウム温浴を自宅で
速読ってどうよ!  肩こり原因と解消  プチシルマで肩こり解消か

(C) 口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係