口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係聞き上手の聞き方>アイコンタクト

アイコンタクト


 聞き上手な聞き方B
    聞いている時間の60%はアイコンタクトで


 アイコンタクトって、どういうことか、分かりますよね。
 この場合は、相手の目をみることです。

 話していいる人の目を見るのです。

 日本人は、あいての目を見て話す。目を見て話を聞くというタイプのコミュニケーションを苦手としています。欧米では、あいての目を見ることは当たり前と考えられています。

 欧米のやり方が全て正しいわけではありません。
 日本人には、日本人にあったやり方があります。

 よくいわれることですが
 日本には、「以心伝心」という文化があり、
 「言わなくても意志が伝わるのが良い」という観念があります。

 しかし、アイコンタクトに関しては、マネすべきだと思います。

 意志を表現するコミュニケーションが発達した欧米では
 目を見るということは、基本中の基本なのです。

 自分が話をしているときに
 あいての視線が、あさっての方向を向いていたらどうでしょうか。

 なんとなく話しにくくありませんか。
 周りをみわたして、自分の目をみてくれている人にたいして、話はじめるでしょう。

 学生時代のときに、授業中、先生の目を見て話を聞いていたら
 先生が自分の方を見て話し始めたという経験があります。
 たぶん、みなさんも経験がおありでしょう。

 これが、アイコンタクトです。

 ちゃんと聞いていますよ。という意思表示です。

 アイコンタクトをしている人は、話しかけられやすいのです。
 その上、相手の印象に残ります。
 しかも、好意的なイメージで。

 もしどうしても、目を見ることに抵抗のある人は
 鼻、口、顎(あご)、ひたい、でもいいようです。

 アイコンタクトは、コミュニケーション中の60〜70%は、必要といわれています。

 アイコンタクトは、聞き上手になるための第一歩です。

人間関係を学ぶ上で参考になった資料    1.聞き上手は好かれる
   2.聞くことの利点
   3.うなずき方
   4.相槌(あいづち)の打ち方
   5.アイコンタクト
次→6.質問の仕方
   7.話題を振る
   8.質問の仕方の実践例@あいさつ
   9.質問の仕方の実践例A名前+あいさつ
   10.質問の仕方の実践例Bイエステイキング
   11.質問の仕方の実践例Cところで
   12.質問の仕方の実践例Dだれと・どこで・なにを
   13.質問の仕方の実践例Eそれから
 人間関係を良くするマニュアル
 口下手改善
 いじめ対策マニュアル
 あがり症克服
 モチベーションアップ
人間関係テクニック
 人間関係を築く基本
 聞き上手の聞き方
 服装・外見
 
 しぐさ
 マーフィーの法則
人間関係の心理学
 人間関係の心理学
心の持ち方
 内向的が上手くいく

リンク集 管理人

直江宝太郎のサイト
催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!
ジョセフ・マーフィーかく語りき
ジョセフ・マーフィーの法則の本
自己暗示って?
直江の恋愛心理学講座

澤田さんのサイト
ゲルマニュウム/ゲルマニウムってどうよ!  こむら返り原因と予防  ゲルマニウム温浴を自宅で
速読ってどうよ!  肩こり原因と解消  プチシルマで肩こり解消か

(C) 口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係