口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係聞き上手の聞き方>質問の仕方の実践例@

質問の仕方の実践例@あいさつ

 あいさつ をしましょう。
  ・おはようございます
  ・こんにちは
  ・こんばんは
  ・ごめんください
  ・お疲れ様です
  ・ご苦労様です
 「あいさつ」は、立派なコミュニケーション技術です。

 その日、はじめて会うときに、「あいさつ」をします。
 これは、礼儀の一つですね。

 礼儀というのを、馬鹿にしては、いけないのです。
 「あいさつ」という礼儀は、コミュニケーションを円滑にするための、昔ながらの技術なのです。

 だいたい、人付き合いが苦手な人は、あいさつも苦手です。
 あいさつをするということは、その人とコミュニケーションを始める合図みたいなものです。
 だから、人付き合いが苦手な人は、その合図をするのが、億劫(おっくう)なのです。

 あいさつには、大きく三つの効果があります。
  ・会話しやすい雰囲気をつくる(その日一日、声をかけやすくなる)
  ・会話のきっかけになる
  ・好意的に接してもらえる

 わたしは、工事現場などの警備員の仕事をしていたことがあります。
 そのとき感じたことは、行きずりに、「おはようございます」とあいさつをしてくれる人と、そうでない人では、誘導に差が出るということです。
 圧倒的に、あいさつをしてくれる人に好意をもちます。
 丁寧に誘導してあげます。
 反対に、むすっとしている人には、何か声をかけたりして迷惑がられると嫌だな〜と思い、最小限の誘導しかしません。
 誘導される一般の人たちにとって、どちらが、得でしょうか。
 あいさつをするだけで、受けるサービスに差がでるということです。

 そして、あいさつには、良いあいさつと悪いあいさつがあります。

 悪いあいさつというのは、こんな感じです。
  ・声が小さい。
  ・ぼそぼそして、滑舌が悪い
  ・表情が暗い

 良いあいさつというのは、こんな感じです。
  ・表情が明るい
  ・はっきりとした口調
  ・テンションを上げて、やや高めの声

 仲がよければ、暗いあいさつでも、会話になります。
 「おまえ、暗いなあ〜。なんかあったのか?」みたいに。

 友達でもない人には、良いあいさつを行わないと上手くいきません。
 「感じが悪いな〜。」と思われるだけです。

 まずは、あいさつで、コミュニケーションをしやすい状態にしておきましょう。

 しばらくあいさつネタが続きます。質問とは関係ないような・・・(笑)。
 ・・・まっ、いいか。

人間関係を学ぶ上で参考になった資料    1.聞き上手は好かれる
   2.聞くことの利点
   3.うなずき方
   4.相槌(あいづち)の打ち方
   5.アイコンタクト
   6.質問の仕方
   7.話題を振る
   8.質問の仕方の実践例@あいさつ
次→9.質問の仕方の実践例A名前+あいさつ
   10.質問の仕方の実践例Bイエステイキング
   11.質問の仕方の実践例Cところで
   12.質問の仕方の実践例Dだれと・どこで・なにを
   13.質問の仕方の実践例Eそれから
 人間関係を良くするマニュアル
 口下手改善
 いじめ対策マニュアル
 あがり症克服
 モチベーションアップ
人間関係テクニック
 人間関係を築く基本
 聞き上手の聞き方
 服装・外見
 
 しぐさ
 マーフィーの法則
人間関係の心理学
 人間関係の心理学
心の持ち方
 内向的が上手くいく

リンク集 管理人

直江宝太郎のサイト
催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!
ジョセフ・マーフィーかく語りき
ジョセフ・マーフィーの法則の本
自己暗示って?
直江の恋愛心理学講座

澤田さんのサイト
ゲルマニュウム/ゲルマニウムってどうよ!  こむら返り原因と予防  ゲルマニウム温浴を自宅で
速読ってどうよ!  肩こり原因と解消  プチシルマで肩こり解消か

(C) 口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係